スポーツ障害

捻挫した男の子のイラスト

  • 試合中にケガをしてしまった
  • 捻挫や打撲を繰り返す
  • 次の試合に出場したい
  • しっかりとコンディションを整えたい
  • もう良くならないかもと不安になる

施術の様子スポーツをすることは、身体も心も健康的になる為、最近ではお子様からご高齢の方まで何かしら、身体を動かすことに興味を持っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

世界中で活躍されている日本人選手や、外国の選手などテレビなどで目にする機会も増え、小さいうちからスポーツを始めるお子様もよく見かけます。

たくさんの可能性を秘めた子供たちに、「ケガなどに悩まされずに、伸び伸びとプレイをして欲しい」と思うのは、親御さんならば、誰でもそう思っていらっしゃるでしょう。

しかし、身体の成長が著しい子供の身体。
一生懸命、激しい練習を重ねて、コンディションも整えて、いざ試合へ。
もうすでに、身体には相当な負担がかかっています。
このような状態でスポーツを続けていくと、そのうちケガをしてしまいます。

また、お子様の場合、自分の身体をメンテナンスをするというような事にはあまり興味が無く、知らず知らずのうちに疲労が溜まり、そのまま運動を続けてしまいがちですので、「長痛だから」「冷やせば良くなるだろう」と軽く考え、適切な対処をしないままだと、この先、後悔することになってしまいます。

当整骨院では、自分の体力と年齢に合った身体の動かし方やメンテナンス方法をお伝えします。

それらを知っていれば、ケガの代表である骨折、捻挫、打撲に悩まされる事は少なくなると考えております。

スポーツで起こりやすいケガとは?

ケガをしにくい身体をつくって思い切り楽しみましょう!スポーツで起こりやすいケガには、大きく分けると2つあります。

1つ目は、「スポーツ外傷(ケガ)」といわれるものです。
スポーツをしている時に他のプレイヤーとぶつかったり、転んだり、ボールが強く当たったなど外からの力が一回加わるだけで、突然大きなケガをしてしまうことです。骨折や捻挫、靭帯の損傷などです。

2つ目は、「スポーツ障害(故障)」といって、毎日毎日繰り返し行われる運動による小さな圧力や疲労が身体に少しずつ蓄積され起きる慢性的なケガです。
最初は我慢しながら運動を続けていたが、段々とその痛みがひどくなってしまった…という事になります。
オスグット病やシンスプリント、ジャンパー膝、野球肘などです。

スポーツをしていれば、これらのケガはどうしても起こりやすいものです。
しかし、適切な対処メンテナンス、そして自分の身体を良く知ることがケガをしにくい身体へと、またはケガと上手に付き合える身体へと導くことが出来ます。

当院のスポーツ障害に対する施術法

施術の様子まずは、どのようにしてケガをしてしまったのか?今ある痛みや不調をお聞きする為に、しっかりとカウンセリングと検査を行います。

練習方法や身体の動かし方、姿勢などお身体全体を把握するために、きちんと検査をします。

当整骨院は、痛いところだけをピンポイントに施術して終わり、ではありません。
痛い場所だけにとらわれず、全身をチェックすることで、そもそもの原因を探し出します。
そうすることで、ケガを繰り返さないケガをしにくい身体へと整えていく事が出来るのです。

また、カウンセリング時に施術計画や、「こうしたい」「こうなりたい」というような目標や理想、そして、通って頂くおおよその期間など一緒に決めていきます。
決して、こちらが一方的に話を進めるわけではございませんし、難しい説明も致しません。
分かりやすい言葉で説明し、納得していただいた上で、施術へと移ります。

「早く部活に復帰したい!」、「学校帰りだから通えるかな?」など、このような心配事や不安な事がありましたら、お気軽にご相談ください!
1つひとつ、問題をクリアしながら目標に向かっていきましょう。

痛みや不調に対しての施術は、身体に負担がかかるようなボキボキする手技ではありません。痛みや炎症が起きている場合はまず、それらを取り除きます。

痛みが取り除けましたら、緊張してしまっている筋肉をゆっくりと、ほぐしていき、血行をよくしていきます。
ケガをかばいながら動かしていた身体は、自然と歪んでしまっている場合があります。
そのような時には、骨盤や姿勢を矯正しながら、お身体全体のバランスを整えていきます。

施術以外にも、ケガをしにくい身体作りなどをアドバイスさせて頂きます。

もう、ケガに悩まされない!自分の身体としっかりと向き合いたい!そのように思われている方をサポートします!スポーツのケガや不調なら、お任せください!