手の腱鞘炎

  • 使いすぎて手首が痛い
  • 抱っこしてから痛くてツラい
  • 物を持つのもツラい
  • とにかく動かしたくない
  • 手に力が入らない

手の腱鞘炎でお悩みの方はとても多いです。手を下に降ろしているだけでも痛みは出てくるし、パソコン作業や抱っこといった負担のかかることは痛くてやりたくないと思います。
それを我慢していると悪化しかしません。我慢せずに松戸駅西口整骨院に頼ってください。

手の腱鞘炎とは?

説明写真

手首の痛みにはこのような状態があります。

ぜひ自分自身でも理解して、なんで痛みが出ているのかを知ってみてください。

 

ド・ケルバン病(手首の腱鞘炎)

手首の過度の使い過ぎ(オーバーユース)や使い方の間違い(ミスユース)によって腕から手首、親指へとつながる長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の狭窄性腱鞘炎です。

筋肉が硬くなり、擦れ合ったり、傷つくと痛みを感じていきます。

原因は?

授乳中、乳児の頭を支えたり、抱っこの時に無理に手首に力が入り長時間いると起こることがあります。(オーバーユース)

家事など手首や親指に無理な体勢で使い続けても起こります。(ミスユース)

筋肉が縮まり硬くなることが要因とされています。

また、妊娠、出産中(2・30代)や更年期(50代)でホルモンバランスの変化が起こり、これらが滑膜炎や滑膜浮腫を起こしやすい状況をつくっているとも考えられています。

どんな症状がでるのか?

手首の痛みイラスト

□親指又は手首を動かすだけで手首に痛みが出る

□腕をだらんと下ろしていてもジンジンする

□物を持つと痛みで落としてしまう

□赤く腫れている

□触れると痛い

など、こういった状態が出ているようなら、お早めに施術をおすすめします。

松戸駅西口整骨院での腱鞘炎の施術法

問診写真当整骨院では手首の痛みはどこからきているのか(原因)をしっかりと検査、カウンセリングを行います。

患者様にも理解していただくため、わかりやすい説明を致します。

腱鞘炎にはi-care式調整法を用いてアプローチし、最新技術のハイボルテージ、超音波やテーピング、サポーターなど、痛みの状態に合わせてた施術をいたします。

手首の痛みでお困りの方は松戸市の松戸駅西口整骨院にご相談ください☆

松戸駅西口から徒歩3分!平日夜20時まで。土曜日祝日も18時まで受付ております。